「英語」は学問ではなく、言葉と捉えることが大切です。

この記事をシェアする

私たち日本人にとって何故英語が必要か解りますか?

過去の日本の英語教育は大間違い!

長きに渡って「読む」「書く」に重点を置いて来た日本の英語教育は日本人の英語コミュニケ―ション能力の未熟さを招いたことは疑いのない事実であります。
そして、現在進行する小学校における早期英語教育化に向けても学科化を優先する文科省の方針は「英語嫌いの年少化」を生む可能性も否めません。
未だに英語コミュニケーションが取れない日本人社会は大きく世界に取り残された状況であります。
小学校・中学校の英語教育を考えることよりも、大人たちの怠慢もその責任があることに気付いて戴きたく考えます。
間違った英語教育の中で生きてきた先人が真剣に取り組む社会でなければ日本人の英語コミュニケーション能力の向上は望めません。
メディアも含めて、果敢なチャレンジが必要になって来ております。

日本人の英語コミュニケーション力は最低!

かつての欧州がEU世界を迎えた瞬間に、それまでの各国言語を超えて英語でのコミュニケーションが実現したように、私たちのアジアでもその可能性は現実に迫っております。
中国語・韓国語・タイ語・ベトナム語等の世界で日本人が英語でコミュニケーションを行なえるようになることを私たちは目指すべきでしょう。
近日、自動翻訳アプリ等の急速な発達でスマホひとつであらゆる言語の翻訳が可能となっておりますが、それはそれで便利グッズとしての活用が出来ますが、異なる母国語を持つ者同士が英語と言うグローバル・コミュニケーションを行うことには、人間としてのコミュニケーションとしての別の触れ合いがあるはずです。
また、世界でも稀な英語教育を受け続けた日本人ですが、その成果が得られない状況では、最早、ガラパゴスと言われても仕方のない状況です。



PAGE
TOP